キャットフードはじめてガイド

キャットフードの代わりにドッグフードを与えても良いか

キャットフードの代わりにドッグフードを与えてはいけません。犬は雑食性で、猫は肉食ですから、それぞれ必要とする成分が違います。キャットフードには、猫が必要としながら体内では生成することができない成分が含まれていますので、継続的にドッグフードを与えていると、栄養不足になります。

猫は肉食の動物ですから多くのタンパク質を必要としています。タンパク質は、猫の身体やホルモンなどを構成する重要な栄養素でもあり、活動のエネルギー源ともなります。雑食性の犬よりも多くのタンパク質を必要としますので、ドッグフードでは栄養不足となります。

猫が身体を維持するのに必要で、体内で生成できない栄養素に必須アミノ酸タウリンがあります。猫には必要不可欠なものですが、犬には不要なものですからドッグフードには含まれていません。タウリンの不足は、失明や拡張型心筋症などの病気のリスクを高めます。

タンパク質を構成するアミノ酸アルギニンも重要な成分です。祖先を砂漠地帯に持つ猫は、人や犬と腎臓の働きにも違いがあります。水分補給の難しい地域であったことから、猫の腎臓には水分を再利用する働きがあります。

アルギニンは尿素回路の中で、アンモニアの毒素の解毒を助ける働きがあります。アルギニンが不足すると、毒素の解毒作用が弱まり、腎臓に大きなダメージを与え、命の危険さえあります。

同じくタンパク質に含まれる必須脂肪酸アラキドン酸は、犬は酵素の働きによりリノール酸をアラキドン酸に変えることはできますが、猫は酵素を持たないため、直接キャットフードから摂取する必要があります。脳に多く含まれる細胞間伝達物質として重要な働きをしている成分です。

また、ビタミンAも、犬はβ-カロチンから変換することができますが、猫は酵素を持っていないため、食事から摂取する必要があります。不足すると、目や皮膚の疾患や繁殖障害などが起こります。

水溶性のビタミンB3ナイアシンはタンパク質・資質・糖質の代謝に必要不可欠なものですが、これも犬は体内でトリプトファンから生成できますので、ドッグフードには含まれていません。不足すると、皮膚炎や口内炎、神経炎などを起こしますので大切な成分です。

このように、キャットフードには、猫の生命や健康にかかわる大切な成分がたくさん含まれていますので、ドッグフードを継続的に与えることはできません。